博物館概要

 和歌山市立博物館は、天正13年(1585)に和歌山城が築城され、城下町和歌山が拓かれてから、ちょうど400年目にあたる昭和60年(1985)11月に開館いたしました。
 郷土和歌山の歴史・文化遺産に関する市民の理解と認識を深め、教育・文化の発展に寄与することを目的とした歴史系博物館です。
 常設展示は、「資料が語る和歌山の歴史」をテーマに、この地を中心とした歴史と文化を正しく理解し、その継承と発展に資する学習の場として構成されています。また、特別展示室では、年次計画に基づいて特別展・企画展を開催し、展示図録を発行しています。加えて、教育普及活動の一環として、市博講座・体験学習・史跡散歩などの事業を実施しています。

福祉サービス情報

•身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方およびその介護人の方は、入館料がすべて無料です。
•和歌山市が発行する老人優待利用券を受付で提示していただくと、本人のみ無料となります。
•館内の案内など、できる限り対応いたします。
•エレベーター及び階段には手すりがあります。
•誘導ブロックは入口まであります(館内は作品・資料等運搬のため設置できません)。

その他
•車イス4台ございます。
•ベビーカー2台ございます。
•駐車場ございます(有料/1時間まで100円、以後30分ごと150円)。
→市民図書館前市営駐車場(身障者用駐車スペースあり)

和歌山市立博物館 基本的運営方針

当館の博物館活動における指針「和歌山市立博物館基本的運営方針」(2015年度~2019年度・5か年)です。

和歌山市立博物館 基本的運営方針  ダウンロード(PDFファイル)

和歌山市立博物館 館報

和歌山市立博物館の館報がダウンロードできます。

平成26年度 和歌山市立博物館 館報 №30(PDFファイル)
平成27年度 和歌山市立博物館 館報 №31(PDFファイル)
平成28年度 和歌山市立博物館 館報 №32(PDFファイル)
平成29年度 和歌山市立博物館 館報 №33(PDFファイル)
ページのトップへ戻る